1. HOME
  2. 事業案内
  3. サプリメント事業
  4. スウェデンティス
  5. ロイテリ菌の働きで口内菌質を改善し、全身の健康を守る

サプリメント事業

SUPPLEMENT

スウェデンティス

ロイテリ菌の働きで口内菌質を改善し、全身の健康を守る

ロイテリ菌の働き

ロイテリ菌は、抗菌物質を産生することで悪玉菌を抑え、相対的に善玉菌を増加させます。まさに「指揮者」として体内の菌バランスをコントロールする働きがあるのですお口から胃・腸に行き渡り、菌質改善によって免疫力を上げ、病気の予防や症状の軽減に貢献することが、多くの臨床試験のなかで明らかにされてきました。


口内菌質の改善で、全身の健康を守る新しい歯科プログラム。

すべての生命体は、もともと菌から生まれ、菌と共に進化しました。今も菌たちは、すべての生物の体内や表皮に共生し、その生命維持を担っています。常在菌の「菌質」が良いと人は健康になり、悪いと不健康になります。口は全身の入り口。口の中の「菌質」は、全身の菌質を大きく左右します。歯科からはじまる、全身の健康。それはすなわち、歯周病との戦いです。そして歯周病は、歯周病菌が引き起こす「菌感染症」です。つまりカギを握るのは、口内菌をいかに制御するかなのです。